闇金の相談を弁護士にした後にも嫌がらせや取り立てが来る時の対策方法

闇金の相談を弁護士にした後にも嫌がらせや取り立てが来る時の対策方法


弁護士や司法書士に闇金問題を相談した後、嫌がらせや取り立てを受けるか心配ですよね。

 

しかし、弁護士や司法書士が介入すると、実際に嫌がらせや取り立てが悪化する原因になることは稀です。

 

90%は確実に嫌がらせは止まりますが中にはしつこい闇金もいますが、その時は警察と組んで徹底的に対抗します。

 

この連携はどの弁護士や司法書士でもできるわけではなく、闇金の解決実績があり交渉がうまい闇金に強い弁護士や司法書士にしかできません。

 

闇金問題に悩む場合は、迷わず弁護士や司法書士へ相談し、適切な助言と支援を受けることが重要です。

 

法律の専門家が介入すると闇金の嫌がらせが停止する理由


弁護士や司法書士は、闇金業者の違法行為に対して強力な法的対策を講じることが可能です。

 

闇金業者の利用する銀行口座の凍結や、しつこい電話などをやめさせるなどです。

 

さらに、警察と組んで摘発することもできます。

 

警察による摘発が行われると、闇金業者は営業を続けることが困難になり、刑事罰を受けるリスクが高まります。

 

そのため、法律の専門家が関与すると、闇金業者は取り立てや嫌がらせをほぼ確実に止めることができます。

 

また、闇金による取り立ては時間とコストがかかるため、法的手続きが開始されると、元々の債務回収が困難になると判断すると、これ以上の嫌がらせや取り立てにリソースを割くことが不合理です。

 

このように、弁護士や司法書士が介入することで、闇金業者は債務者への嫌がらせを控えるようになるのです。

弁護士や司法書士が介入して即日に嫌がらせは収まるケースは70%

闇金問題に対する弁護士の介入は、被害者が迅速に平穏な生活を取り戻すための有効な手段です。

 

相談した当日に問題が解決するケースが約70%、1〜3日以内に解決するケースが約30%です。

 

 

弁護士や司法書士が介入することで、多くの闇金問題は迅速に解決へと進むことが可能です。

 

しかし、相談者と闇金業者の両方が存在するため、嫌がらせや復讐のリスクを完全に排除することはできません。

 

弁護士からのアドバイスに従い、適切な対応をとることで、多くの場合、取り立てや嫌がらせは1〜3日以内に終息します。

 

先ほども言いましたが、一部の極端な闇金業者は和解を拒否することもあり、その場合は警察の協力を必要とすることがあります。

 

すべてのケースが即日解決するわけではなく、状況によっては時間がかかる場合もあります。

 

しかし、闇金に詳しい弁護士が介入すると、多くの闇金業者は被害者への嫌がらせをやめ、距離を置くようになります。

 

万が一、闇金からの嫌がらせが続く場合でも、弁護士の指導に従って対応すれば、迅速に問題を解決することができます。

 

闇金問題で困っている方は、経験豊富で専門知識を持つ弁護士に相談することをおすすめします。

 

即日に対応してくれ、問題が再発しないようアフターフォローも行います。

 

また、弁護士費用に関しても、分割払いや後払いが可能なため、費用面での心配もありません。

闇金の無料相談なら「ウォーリア法務事務所」

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

ウォーリア法務事務所は、他の事務所で断られた複雑な闇金問題にも対応しています。

 

複数の闇金業者からの借入れがある場合でも、確実に解決できます。

 

個々の状況に応じた丁寧なヒアリングを行い、それぞれの案件に合った解決策を提案しています。

 

ウォーリア法務事務所は特に、親身で温かな対応が評価されており、女性の相談者も安心して相談できる環境が整っています。

 

司法書士の守秘義務に基づき、個人情報の秘密を厳守し、家族や職場に知られることなく対応するため、相談内容や個人情報が外部に漏れる心配はありません。

 

最近増加している「個人間融資」「給与ファクタリング」にも対応しているため、闇金問題で悩んでいる方は、ウォーリア法務事務所へ相談することをおすすめします。

 

 

闇金の借金は返済義務はない


多くの方が知らないかもしれませんが、闇金からの借金は、法的に返済義務がありません。

 

なぜなら、法外な高金利での貸し付けは、民法第90条に基づいて公序良俗に反し、無効とされるからです。

 

貸金業者として登録している闇金業者であっても、違法な高金利を適用している場合、彼らに返済を求める権利はありません。

 

つまり、法的にはそのような契約は無効で、返済する必要がないのです。

 

しかし、実際には自力でこのような問題を解決するのは非常に困難です。

 

専門家の助けを借りて、適切に対処することが重要です。

自力解決の危険性と専門家への相談の重要性


自分だけで闇金融と交渉しても、取り立てや嫌がらせは止まることはありません。

 

なぜなら、闇金業者は直接連絡が取れる限り、回収可能と考えているからです。

 

勤務先への執拗な電話などの嫌がらせに応じてしまうと、それは闇金業者にとって「今後もこの方法で圧力をかけ続ければ良い」というサインとなります。

 

強い嫌がらせに直面した場合、自力での解決は非常に難しく、危険も伴います。

 

そのため、闇金問題の解決には専門家の介入が必要です。

 

闇金問題に精通した弁護士や司法書士に相談することで、法的な手段を用いて効果的に問題を解決できます。

 

これらの専門家は、闇金融との適切な交渉方法を知り、迅速に行動を起こすことができるため、嫌がらせや取り立てを効果的に止めることが可能です。

真面目人ほど損をする


闇金からの借金は、一見すると簡単に返せるように見えますが、実際はそうではありません。

 

多くの人が「給料日に返済する」とか「パチンコで勝てばすぐに返す」と考えて借入れます。

 

しかし、これは闇金融の罠の始まりに過ぎません。

 

たとえば、5万円を借りても、驚くべき速さで返済額が数十万円に膨れ上がることがあります。

 

このようにして、返済が追いつかなくなると、闇金融は他の業者を紹介し、新たな借金で前の借金を返すよう誘導します。

 

これにより、借金の連鎖が生まれ、完済はさらに困難になります。

 

嫌がらせや脅迫、報復の恐怖から、多くの人がどうにかして返済しようと奮闘しますが、これがまさに闇金融の狙いです。

闇金相談はどんな弁護士・司法書士でも良いわけではない

闇金問題への対処には、闇金に特化した弁護士や司法書士の介入が不可欠です。

 

全ての法律専門家が闇金問題に詳しいわけではなく、特に闇金との交渉には独自のスキルや経験が必要とされます。

 

そのため、近隣の法律専門家に相談しても、闇金問題の対応ができないと断られることもあります。

 

このような状況を避けるためには、まずは闇金問題に強いと評判の弁護士や司法書士を探すことが重要です。

逆に闇金の取り立てがひどくなることもある


闇金解決の実績がない弁護士や司法書士に相談すると、逆に闇金業者からの取り立てが止まるどころか、エスカレートするケースもあります。

 

受任したものの「闇金の取り立てはやっかいだな・・」と心の中で思っている弁護士、司法書士がおられます。

 

 

闇金との交渉は緊急性が高く、迅速な対応が求められます。

 

闇金問題に詳しい専門家を選んで早期に対応を開始することが、被害の拡大を防ぐ鍵となります。

 

すべての弁護士・司法書士事務所が同じ結果を保証するわけではありません。

 

特に、闇金対策は報酬が少ない傾向にあり、専門家によっては条件付きでの解決を提案する場合もあるため、慎重な選択が必要です。

 

さらに、間違った解決策を提案したり、嫌がらせを激化させてしまう可能性もあります。

 

ですので、適切な弁護士、司法書士を選ぶことが重要です。

 

結果として弁護士、司法書士を介入する事が出来れば、闇金からの仕返しや報復は心配しなくて大丈夫です。

 

だからといって返済する気が無いのに借りた場合は、アナタが犯罪者になるので気をつけてください。

 

闇金解決の実績が豊富にある闇金に強い司法書士「ウォーリア法務事務所」

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

ウォーリア法務事務所はどんな闇金でも解決してきた実績があります。

 

どんな闇金でも100%勝ちます。

 

費用も分割や後払いに対応しています。

 

 

項目 内容
事務所名 司法書士法人 ウォーリア法務事務所
司法書士 坪山 正義
会員番号 大阪司法書士会会員(第3831号)
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)
所在地 〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目10番4号西天満法曹ビル701号室
設立 2013年4月
電話相談 無料相談 0120-703-371
電話受付営業時間 8:30〜22:30(年中無休)
メール相談 24時間受付中
監修者

関西大学ファイナンスコースを専攻し卒業。金融を学び、FP2級の資格を持ち、WEBサイトを運営している40代。

■参考サイト

経済産業省

日本弁護士連合会

大阪司法書士会

日本司法書士連合会