【労働問題】会社に対して未払賃金を請求した事例

【背景】
依頼人はある小規模な会社に勤めている会社員でした。
入社のときに約束した給与が会社から支払われないため困っていました。
自分で会社に対して未払給与を支払うよう求めてみましたが、はぐらかされてしまい払ってもらえませんでした。
生活のこともあるので、早期の解決を望まれていました。
【対応と結果】
未払給与を早期に支払っていただくため、未払給与を支払うよう労働審判を申立てました。
労働審判の結果、相談に来られた従業員の方と会社の間で調停が成立し、未払給与の支払いが認められました。
【コメント】
会社から給与・残業代が支払われない等のご相談は少なくありません。
その場合には、事案に応じて労働審判を利用することにより、早期の解決が期待できます。
会社から賃金が支払われていないとお困りの従業員の方は、事案に応じて労働審判を活用するべきでしょう。
もちろん、労働審判も一長一短であり、訴訟を提起した方が望ましい解決となる場合もありますので、まずは専門家である弁護士にご相談下さい。
大本康志

大本康志

第二東京弁護士会
所属事務所: 大本総合法律事務所

「最速返信」を心がけています!

弁護士カンタン検索

プロフィールや料金表からインタビュー記事、事例紹介まで。
あなたの悩みを解決できる弁護士を見つけ、メールや電話で問い合わせや面談予約ができます。

困っていること

お住いの地域

チャット法律相談の5ステップ

Step 1

アプリをインストールする

アプリをインストールします。iPhoneをお使いの方はこちらからAndroidをお使いの方はこちらからダウンロードしてください。

Step 2

会員登録をしましょう

相談を投稿するためには会員登録が必要になります。

Step 3

カルテを作成し送信する

カンタンな質問にいくつか答えるだけで「相談カルテ」が作成できます。
カルテ作成が完了したらボタン一つで弁護士に送信できます。
相談内容は、プライバシーポリシーに則って厳重に保管されています。
プライバシーの保護について詳しくはこちらをご確認ください。

Step 4

弁護士からメッセージが届く

カルテの内容を確認した弁護士からメッセージが届きます。
回答をくれた弁護士へ追加で質問をしたり、相談を継続することもできます。

Step 5

弁護士と一緒に解決を目指しましょう

法律相談を通じて実際に解決を目指すために弁護士に依頼しようと判断した場合には、担当の弁護士と依頼の流れについて確認して下さい。

弁護士トークはこういう人におすすめ

弁護士に相談したいけど、まず何をすればいいのかわからない。
いくらい掛かるのか、だいたいでいいから知りたい。
弁護士事務所が近くにないため、事務所に通うことが難しい。