【相続】相続人同士の感情の対立が激しく、長らく遺産分割協議が進まなかった事例

依頼主: 50代   |  女性
【状況】
依頼者の父親が亡くなり、相続が発生した。相続人は依頼者のほか、母親と姉であったが、依頼者と姉の感情の対立が激しく、遺産分割協議ができないまま、数年間、経過していた。
【対応と結果】
依頼を受けた後、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てました。
まずは、遺産調査を行った結果等、遺産分割協議に必要な資料を提示し、解決すべき問題点の整理を行いました。
そのうえで、姉の意見も踏まえた分割案の提示を行った結果、遺産分割協議が成立しました。
【コメント】
相続問題では相続人同士で感情の対立が激しく、話合い自体ができないことも多く見られます。
弁護士に相談・依頼することで、問題点が整理でき、解決の方向に進むことも少なくないと思われます。
大本康志

大本康志

第二東京弁護士会
所属事務所: 大本総合法律事務所

「最速返信」を心がけています!

弁護士カンタン検索

プロフィールや料金表からインタビュー記事、事例紹介まで。
あなたの悩みを解決できる弁護士を見つけ、メールや電話で問い合わせや面談予約ができます。

困っていること

お住いの地域

チャット法律相談の5ステップ

Step 1

アプリをインストールする

アプリをインストールします。iPhoneをお使いの方はこちらからAndroidをお使いの方はこちらからダウンロードしてください。

Step 2

会員登録をしましょう

相談を投稿するためには会員登録が必要になります。

Step 3

カルテを作成し送信する

カンタンな質問にいくつか答えるだけで「相談カルテ」が作成できます。
カルテ作成が完了したらボタン一つで弁護士に送信できます。
相談内容は、プライバシーポリシーに則って厳重に保管されています。
プライバシーの保護について詳しくはこちらをご確認ください。

Step 4

弁護士からメッセージが届く

カルテの内容を確認した弁護士からメッセージが届きます。
回答をくれた弁護士へ追加で質問をしたり、相談を継続することもできます。

Step 5

弁護士と一緒に解決を目指しましょう

法律相談を通じて実際に解決を目指すために弁護士に依頼しようと判断した場合には、担当の弁護士と依頼の流れについて確認して下さい。

弁護士トークはこういう人におすすめ

弁護士に相談したいけど、まず何をすればいいのかわからない。
いくらい掛かるのか、だいたいでいいから知りたい。
弁護士事務所が近くにないため、事務所に通うことが難しい。