【交通事故】加害者側の供述の変更⇒賠償金を大幅増額した事例

依頼主  40代 | 男性
【状況】
友人が運転するオートバイに男女二人乗りで男性が運転して事故に遭い、後部座席に乗車していた女性が死亡した事案です。
友人男性がセンターラインをオーバーして進行したがゆえに、対向車であるトラックと衝突してバイクから振り落とされてしまったことが理由でした。

友人男性のバイクには自賠責保険加入が認められたものの任意保険には未加入で、その友人男性には支払原資がほとんどありませんでした。
また、トラックの運転手は「カーブで対向車のバイクの運転が、直前でセンターラインをオーバーした」と供述していた為、トラックの運転手側に過失が認められず、トラック側の任意保険の適用がないと認定されていました。

依頼者である相続人 父は、友人男性の付保していた自賠責保険の限度での賠償であきらめるほかないのだろうかと悩んでいました。


【実施したこと】
公的な文書(実況見分調書)が存在していましたが、それを鵜呑みにすることなく、事故現場に赴き、実際の衝突地点から、トラックの運転手が供述していたバイクを発見したときの地点を想像したところ、どうもトラック運転手の方の供述に腑に落ちない部分が出たため、供述の一貫性に疑問が出でてきました。
そこでその矛盾について直接トラック運転手に問いただすことにしました。


【結果】
トラック運転手の供述を変更してもらうことに成功し、トラック運転手の過失を認定してもらえることになったため、トラック運転手側の任意保険会社を相手にすることが可能となり、相続人 父としては金銭的に十分な補償を得られる結果となりました。

【コメント】
警察官も公務員で、中立の立場があるため被害者の味方でないといえることから、先に証言してもらった側(相手方)に有利な見解がなされがちであるというリスクが潜んでいるものと考えられました。
加害者側からの証言のみで作成されがちの供述調書、所与の書面だけを眺めるのではなく、現場での思考を重要視させたことがこのような結果を生んだのだと思います。
大本康志

大本康志

第二東京弁護士会
所属事務所: 大本総合法律事務所

「最速返信」を心がけています!

弁護士カンタン検索

プロフィールや料金表からインタビュー記事、事例紹介まで。
あなたの悩みを解決できる弁護士を見つけ、メールや電話で問い合わせや面談予約ができます。

困っていること

お住いの地域

チャット法律相談の5ステップ

Step 1

アプリをインストールする

アプリをインストールします。iPhoneをお使いの方はこちらからAndroidをお使いの方はこちらからダウンロードしてください。

Step 2

会員登録をしましょう

相談を投稿するためには会員登録が必要になります。

Step 3

カルテを作成し送信する

カンタンな質問にいくつか答えるだけで「相談カルテ」が作成できます。
カルテ作成が完了したらボタン一つで弁護士に送信できます。
相談内容は、プライバシーポリシーに則って厳重に保管されています。
プライバシーの保護について詳しくはこちらをご確認ください。

Step 4

弁護士からメッセージが届く

カルテの内容を確認した弁護士からメッセージが届きます。
回答をくれた弁護士へ追加で質問をしたり、相談を継続することもできます。

Step 5

弁護士と一緒に解決を目指しましょう

法律相談を通じて実際に解決を目指すために弁護士に依頼しようと判断した場合には、担当の弁護士と依頼の流れについて確認して下さい。

弁護士トークはこういう人におすすめ

弁護士に相談したいけど、まず何をすればいいのかわからない。
いくらい掛かるのか、だいたいでいいから知りたい。
弁護士事務所が近くにないため、事務所に通うことが難しい。