若井亮弁護士インタビュー

弁護士としての活躍について


‐ 弁護士を目指したきっかけは何ですか?
きっかけは特殊で、正直なところ勤めに飽きてしまい、何か独立できる方法を探していました。そこでパッと思いついたのが弁護士だったんです。勤務弁護士も経験しましたが、やはり独立志向が強かったので、勤務期間は短かったです。
弁護士になる前は名古屋勤務で、企業側の担当として転職希望者を紹介する人材紹介会社で仕事をしていたので、法律とは全然関係ありませんでした。(笑)
しかし、過去に一件だけ内定取り消しのトラブルに遭遇しました。当時は、法律の知識はありませんでしたが、それが最初に遭遇した法律トラブルだったかもしれません。(笑)
それから、前職に法律を取り扱っている部署があったので勉強させてもらい、法律というのはこんなにも難しいものなのだと実感しました。
また、前職での経験を生かして、自分から企業様宛に連絡をして課題解決をするという手法をやっていました。弁護士から連絡が来ることには驚かれました(笑)が、それがきっかけで仕事に結び付くことが多くなりました。
‐ 弁護士活動で心掛けていることは何ですか?
何か目的があって来られる方、逆にそれが分からないまま来られる方が多くいますが、わざわざご足労いただいているので、法律的には助けられなくても、少なくとも相談に来て「良かった」「救われた」と思ってもらえるような時間作りを意識しています。最近は特に、一回は笑いをとろうと思っています。(笑)
辛い事情で来られた方も、笑うと一気に雰囲気が変わります。依頼者の期待や要望は無限にありますから、その期待に応えたいという気持ちが自分の成長に繋がりますし、新しいサービス・やり方が生まれたりするので、少しでもプラスの情報を提供するために、できることを考えて探すとアイデアが浮かんでくるんですよ。なので、良い意味で期待を裏切るような提案ができると、相談に来て良かったと実感してもらえると思います。「
今日相談に来て楽になりました。」この言葉が一番嬉しいですね。
また、現在は、恐喝や強要・詐欺などの不当要求の対策に力を入れています。共通しているのは、自分に権利がないのに不当な手段を使い、さもあるかのように迫ってお金を払わせるようなことです。現代だと、SNSが普及して出会いの場が多くありますが、トラブルに遭うことも多いので、このような案件の対応も行っています。

現在の生活やプライベート時間について



‐ 少しプライベートのことも教えてください。お休みの日などは?
まず、朝起きたら子供を保育園に送り、昼はジムで体を動かして、帰宅後に本を読んだり勉強したり。子供がバレエ教室に通っているので送り迎えをして、家族揃って夕飯を食べるので、休日はとても健全です。(笑)
ただ、基本それ以外は事務所で仕事をしています。朝早く事務所に行って、誰もいない状態で仕事をするのが好きです。最近、真似をして早く来る弁護士が出てきましたが。(笑)
趣味は体を動かすことです。トレーニングジムやキックボクシング、総合格闘技、あとは軍隊格闘技(イスラエルの何か…?笑)など、スポーツというよりかは護身術に近いものをやっています。そういう場面にはなるべく遭遇したくありませんが、万が一のために備えている部分もあります。「強そうな弁護士」に見られることもあるので、趣味ですが仕事にもプラスになっています。(笑)
学生時代も、主に力仕事のアルバイトをやっていました。厨房の天蓋・ダクトに潜り込んで油を落とす清掃業や、ライブハウス等の仕事がメインでした。最初は日雇いでしたが、親方に気に入ってもらい「また来てよ」と言われ、月間スケジュールを渡されたこともありました。(笑)
‐ 最後に、相談を考えている方々へのメッセージをお願いします。
不安や分からないことがあれば、まずはご連絡ください。契約に繋がらなくてもこちらは気にしませんし、相談して解決してしまうのが一番ですから。(笑)
むしろ拗らせてしまうと却ってよくありません。詐欺に関しても、電話一本で未然に防ぐことができた事例もたくさんあります。
弁護士10人中9人に断られてしまった方に対しては、1人で違う意見を出します。10人中10人が同じ答えなら弁護士は必要ありませんから。(笑)
何か一つでもプラスのアイデアを提供できるよう努めさせていただきます。
あれ?と思ったら不動法律事務所へ是非、よろしくお願いいたします!
若井亮

若井亮

東京弁護士会
所属事務所: 不動法律事務所

弁護士カンタン検索

プロフィールや料金表からインタビュー記事、事例紹介まで。
あなたの悩みを解決できる弁護士を見つけ、メールや電話で問い合わせや面談予約ができます。

困っていること

お住いの地域

チャット法律相談の5ステップ

Step 1

アプリをインストールする

アプリをインストールします。iPhoneをお使いの方はこちらからAndroidをお使いの方はこちらからダウンロードしてください。

Step 2

会員登録をしましょう

相談を投稿するためには会員登録が必要になります。

Step 3

カルテを作成し送信する

カンタンな質問にいくつか答えるだけで「相談カルテ」が作成できます。
カルテ作成が完了したらボタン一つで弁護士に送信できます。
相談内容は、プライバシーポリシーに則って厳重に保管されています。
プライバシーの保護について詳しくはこちらをご確認ください。

Step 4

弁護士からメッセージが届く

カルテの内容を確認した弁護士からメッセージが届きます。
回答をくれた弁護士へ追加で質問をしたり、相談を継続することもできます。

Step 5

弁護士と一緒に解決を目指しましょう

法律相談を通じて実際に解決を目指すために弁護士に依頼しようと判断した場合には、担当の弁護士と依頼の流れについて確認して下さい。

弁護士トークはこういう人におすすめ

弁護士に相談したいけど、まず何をすればいいのかわからない。
いくらい掛かるのか、だいたいでいいから知りたい。
弁護士事務所が近くにないため、事務所に通うことが難しい。