水流恭平弁護士インタビュー

弁護士としての活躍について


‐ 弁護士を目指したキッカケは何ですか?
もともとは、塾講師になることを志していました。大学時代に、学習塾の講師をしていて、勉強で悩む子供たちや学校に通えなくなった子供たちを励まして元気にする仕事をしていたのですが、これがすごく楽しくて、天職だとも思っていました(笑)。特に、一人一人の性格に応じて、伝える言葉も変えながら、その子の勉強の悩みや進路相談にのることにやりがいを感じていました。
でも、徐々に、子供たちの勉強の悩みだけだけでなく、大人の幅広い悩みも解決して、社会貢献したいと強く思うようになりました。
そんな中で、様々な仕事を探しましたが、大学が法学部ということもあって、弁護士資格があれば、自分の実現したい社会貢献もできるのではないかと思い、目指しました。
もっとも、いざ弁護士になってみると、依頼者の相談にのるだけでなく、トラブルの相手方との交渉、時には全力で戦い抜くことも必要になるので、漠然と想定はしていたものの、塾講師では感じられない弁護士特有の大変さを実感する日々が続いています(笑)。
‐ 子どもの頃はどんな感じだったのでしょうか?
そもそも塾講師になったきっかけは、高校2年の秋から3年の夏休みまで1年くらい不登校になったことでした。受験のストレスもあれば、友達との関係のこともナイーブでした。当時は、学校なんか行かなくても、資格を取れば独りでいても大丈夫だし、生きていくことが出来るから、わざわざ集団の中にいなくてもいいのではと思っていました。遅れて来た中2病の様な感じですかね(笑)。
塞ぎ込んだと言うよりは別にいいやという感じで、今までしていなかったのに、本を読むようになりました。主に小説とか詩ですね。宮沢賢治や金子みすゞが大好きでした。「銀河鉄道の夜」も好きですが、「雨ニモマケズ」が大好きです。慎ましく、人の為に生きたい、みたいな部分が好きです。「積もった雪」は、降り積もった雪を、上の層、中間層、下の層、それぞれの雪って可哀想というのがあり、普段気づかない場面で悲しんでいるところに気づいていて、優しさを感じるというか…。
二人のロマンチストなところも自分に共通するところがあるのかも知れません。世のため、人のため、斜に構えている時から、だんだん人のためになりたいなと思ったのです。他の人が汲み取れなかった部分とか、自分にできることは何かと思ったときに、当時の17歳が大きく変わったところかと思います。
7歳までは父の仕事の都合で英国ロンドンにいました。イギリスはサッカーが盛んなので、小学4年生まで夢中になっていました。7歳でいきなり日本に戻ってきたため、最初は日本語に苦労しました。苗字の読みが鳥類のツル(鶴)を意味することも知らなかったくらいで、いじめまではいかないですが、いじられはしました。
中学校に入ってからは、中3までやはりサッカーをやっていました。強い学校ではありませんでしたが、目標は26年ぶりの都大会出場! ものすごく練習して実際に出場を果たしました。ポジションはキーパー。背は低かったのですが、すごい反射神経を使って国の代表を果たしている選手を見てカッコイイなと(笑)。小学校まではフォワードでしたが、それでキーパーになりました。
‐ 最後に、相談を考えている方にメッセージをお願いします。
私にとって弁護士の一番の面白いところは、依頼者のために戦略を立てて、実行することです。たとえば、裁判の場面では、依頼者に有利となる証拠を収集すること。また、交渉の場面では、相手方の性格や置かれている環境を分析して、誰を巻き込み、どのように伝えたら、相手を説得できるかを考えることに、面白さを感じます。
法律問題でお困りでしたら、是非とも一緒に戦略を立てて、解決できたらと思います。
弁護士と相談したい人のなかには、電話で話すことに抵抗がある人も多いかと思いますので、弁護士トークを使って、気軽に思ったことをぶつけて頂ければと思っています。弁護士は敷居が高いイメージもあるかと思いますが、ご相談者様との同じように色々な悩みや失敗を経験してきた人間に過ぎません。法律に詳しい身近な人に相談する感覚で、ぜひともご利用ください。
弁護士もお客様に選ばれる時代ですので、ご相談には真摯に向き合って対応致しますので、宜しくお願いいたします。

水流恭平

水流恭平

東京弁護士会
所属事務所: 弁護士法人東京スカイ法律事務所

1人で悩まず、ご一緒に戦略を考えて解決しましょう。

弁護士カンタン検索

プロフィールや料金表からインタビュー記事、事例紹介まで。
あなたの悩みを解決できる弁護士を見つけ、メールや電話で問い合わせや面談予約ができます。

困っていること

お住いの地域

チャット法律相談の5ステップ

Step 1

アプリをインストールする

アプリをインストールします。iPhoneをお使いの方はこちらからAndroidをお使いの方はこちらからダウンロードしてください。

Step 2

会員登録をしましょう

相談を投稿するためには会員登録が必要になります。

Step 3

カルテを作成し送信する

カンタンな質問にいくつか答えるだけで「相談カルテ」が作成できます。
カルテ作成が完了したらボタン一つで弁護士に送信できます。
相談内容は、プライバシーポリシーに則って厳重に保管されています。
プライバシーの保護について詳しくはこちらをご確認ください。

Step 4

弁護士からメッセージが届く

カルテの内容を確認した弁護士からメッセージが届きます。
回答をくれた弁護士へ追加で質問をしたり、相談を継続することもできます。

Step 5

弁護士と一緒に解決を目指しましょう

法律相談を通じて実際に解決を目指すために弁護士に依頼しようと判断した場合には、担当の弁護士と依頼の流れについて確認して下さい。

弁護士トークはこういう人におすすめ

弁護士に相談したいけど、まず何をすればいいのかわからない。
いくらい掛かるのか、だいたいでいいから知りたい。
弁護士事務所が近くにないため、事務所に通うことが難しい。
悩める全ての人に弁護士を