安川 愼二弁護士インタビュー

安川愼二弁護士に自身の仕事やプライベートについてお話を伺いました。

弁護士としての活躍について


- 弁護士になる前は何をしていたのですか?
学校の教員です。私立高で数学と国語を、公立中では社会を教えていました。
法曹に興味を持ったきっかけは高校時代に観たテレビドラマの「HERO」です(笑)。元々は中学時代の先生の影響で、数学か理科の教員になろうと思っていたのですが、勉強よりもサッカーや音楽が好きだった自分が法曹界に行ったら面白いのではないかと思い、いわゆる“文転”をして法学部に進学しました。
学部では民法を中心に勉強していたのですが、一般教養で近代思想史を学んでいるときに、元々好きだった倫理・哲学を高校で教えたいという気持ちが再燃し、大学3~4年生の時に教職課程を履修して教員になりました。
ただ、教員時代に、希望していた高校に配属されなかったことや、自分の理想について色々と思い悩み、一度違う道を歩もうと思い切ってロースクールに進学し、弁護士になりました。今でも教員免許は維持していますので、弁護士業をしつつ、高校で授業をする野望をもっています(笑)。
- 飲食業でも経験が豊富と聞いていますが?
初めて飲食店でアルバイトをしたのは大学1年生でしたが、そこで接客業の面白さを知ってしまい、これまでに通算すると7年間、飲食店での勤務経験があります。特に、修習生になる直前まで約3年間勤務したビストロフランベ新宿エルプラザ店での経験と、そこで出会ったスタッフ・お客さんとの関わりは、かけがえのないものでした。
私はとにかく人と話すことが好きなので、料理やお酒のサービングや、注文を取る際にするお客さんとのちょっとした会話がとても楽しみでした。なじみのお客さんから、「安川、来たよ」と言ってもらえる瞬間を思い出すと、今でもうれしい気持ちになります。
弁護士の仕事も、飲食店と本質は全く同じサービス業ですので、今でも、飲食店で勤務していたときと同じ気持ちで働いています。依頼者の方には、電話を受ける時からサービスは始まっていますから、なるべく安心してお話してもらえるようにと気を付けています。信条としては、飲食業で有名な新川義彦さんの本で読んだ、お客さんと店員の関係はフィフティー・フィフティーであるべきだという発想が好きで、へりくだるわけでも高慢にもならず、対等な関係としてなるべく気持ちのよいサービスを提供する、その意識を大切にしています。
だから、「先生」と呼ばれるのも本当は苦手です。ただ、以前教員だったこともあり、友人の一部からのあだ名はずいぶん前から「先生」でしたが(笑)。

現在の生活やプライベートな時間について


- 少しプライベートなことも教えて下さい。趣味などは?
毎週日曜の朝にフットサルをしています。あとは、ドラムを叩くことと、基本的には専らお酒です(笑)。
小学3年生から当時の地元茨城県波崎町(現神栖市)の小学校の少年団に所属してボールを蹴っていました。ただ、中学校にはサッカー部がなく、アントラーズのユースも受けてみましたがかすりもせず落選して(笑)、なぜか吹奏楽部に入部してパーカッションを担当しました。高校教員時代に生徒と一緒になってバンドを組んだルーツはそこにあります。その後、高校では念願のサッカー部に入りました。ただ、吹奏楽部上がりなので入った頃は学年でも一番下手で(笑)それでも、3年生の夏にベンチ入りして、公式戦には2試合出場することができました。
- ご家族とはどのような感じですか?
妻と、1歳の長男と暮らしています。妻とは友人の紹介で出会いました。たまたま、妻が長谷川等伯の絵とワインが好きという話題で盛り上がり(笑)、意気投合しました。その後、プロポーズをした際に、酔っ払って記憶のない状態の私があらかじめ計画を全て暴露していたことを妻に知らされるという逆サプライズがありましたが(笑)、無事入籍し、長男にも恵まれました。長男は寝る前に私が近づくと無言で首を振って私の接近を拒否してお母さんの所に向かう等、時折反抗を示しますが(笑)、普段は近所の公園に行ったり、家でボール遊びをしたりと、仲良くしてくれています。
- 最後に、相談を考えている方にメッセージをお願いします。
もっと、弁護士のサービスを身近に感じてほしいと思っています。以前にいた法律事務所では、過払金・借金問題を中心に2,000人以上の方の相談を受けてきましたが、多くの方が何度もためらってから「意を決して」来場されていました。その中には、もっと早く相談に来てくれていれば全く違う状況になっていたという方もたくさんいます。
借金問題に限らず、例えば適切な就業規則を定めることで労務紛争を予防するなど、早い段階から紛争予防のために弁護士を利用するという発想も浸透して欲しいと思っています。
そもそも弁護士に相談すべきことなのか悩んでいる方も、まずは気軽に相談に来てください。
うちの事務所では初回相談料もいただいていませんし、秘密が漏れることもないですから心配はいりません。また、前の事務所のスタッフが贈ってくれたコーヒーメーカーのおかげで、提供するコーヒーの味にも自信があります(笑)。
いつでもご連絡ください。
小さな事務所ですが、安心できる空間と美味しいコーヒーをご用意してお待ちしております。
安川愼二

安川愼二

第二東京弁護士会
所属事務所: 調布武蔵野の森法律事務所

調布で小さな法律事務所を経営しています。これまで借金問題など経済的にお困りの方のご相談を多く手掛けてきました。もちろん、その他のことでも、お気軽にご相談ください。

弁護士カンタン検索

プロフィールや料金表からインタビュー記事、事例紹介まで。
あなたの悩みを解決できる弁護士を見つけ、メールや電話で問い合わせや面談予約ができます。

困っていること

お住いの地域

チャット法律相談の5ステップ

Step 1

アプリをインストールする

アプリをインストールします。iPhoneをお使いの方はこちらからAndroidをお使いの方はこちらからダウンロードしてください。

Step 2

会員登録をしましょう

相談を投稿するためには会員登録が必要になります。

Step 3

カルテを作成し送信する

カンタンな質問にいくつか答えるだけで「相談カルテ」が作成できます。
カルテ作成が完了したらボタン一つで弁護士に送信できます。
相談内容は、プライバシーポリシーに則って厳重に保管されています。
プライバシーの保護について詳しくはこちらをご確認ください。

Step 4

弁護士からメッセージが届く

カルテの内容を確認した弁護士からメッセージが届きます。
回答をくれた弁護士へ追加で質問をしたり、相談を継続することもできます。

Step 5

弁護士と一緒に解決を目指しましょう

法律相談を通じて実際に解決を目指すために弁護士に依頼しようと判断した場合には、担当の弁護士と依頼の流れについて確認して下さい。

弁護士トークはこういう人におすすめ

弁護士に相談したいけど、まず何をすればいいのかわからない。
いくらい掛かるのか、だいたいでいいから知りたい。
弁護士事務所が近くにないため、事務所に通うことが難しい。